春のイベント夏のイベント秋のイベント冬のイベント

京華園のある長崎新地中華街は、言わずと知れた長崎県長崎市内にある観光名所です。
その歴史は古く、中華街の原形は江戸時代にまでさかのぼる事が出来る、日本最古の中華街なのです。

そんな長崎新地中華街がある長崎県は、皆さんもご存知の通り、鎖国がおこなわれていた江戸時代には、日本で唯一開かれた貿易港で、海外の風に最も影響を受けた町です。

このページではそんな長崎県にある様々な季節のイベントをご紹介します。

春のイベント

長崎の春のイベントといえば、何よりも最初に思い浮かべるのが【長崎帆船まつり】でしょう。
会場となる長崎港に世界各国の帆船たちが一堂に並ぶ光景は、
帆船に興味の無い人でも目を奪われてしまうものです。
もちろん日本が誇る「日本丸」「海王丸」も常連さんです。

大村花まつり
長崎県大村市で3月下旬から6月中旬まで行われる花の祭典です。開催される大村公園は桜の名所だけでなく、約30万本のしょうぶ園など、まさに花花花と視界を飾ってくれます。
開催場所:大村公園内(大村市)
開催月:3月~6月
西海橋大観潮会
大村湾の入り口である西海橋付近では、外海の潮と湾内の潮とが複雑に絡み合い渦潮を巻きます。特に旧暦の3月3日頃、伊ノ浦瀬戸のうず潮が一番大きくなる時期には、渦潮を見るためのイベントが開催されます。
開催場所:西彼町小迎郷(西海市)
開催月:3月~4月
平戸温泉・城下雛まつり
平戸市の家庭やお店の軒下に人形やひな人形を飾ったり、住民が作った手作りのひな人形を展示したりしする、城下町ならではの人形祭りです。
開催場所:長崎港(長崎市)
開催月:4月
長崎帆船まつり
江戸の昔より海外貿易の日本唯一の港だった長崎の特徴を色濃く残したお祭りです。全世界から有数の帆船たちがこの祭りのために集結し、帆を開いたりライティングで照らし出されたりと、日ごろ見ることの出来ない幻想的な光景が長崎の港に演出されていきます。
春先に開かれる長崎自慢のお祭りです。
開催場所:市街地商店街(平戸市)
開催月:4月
波佐見陶器まつり
波佐見焼で有名な陶器の町波佐見町で開かれる陶器市場のお祭りです。日ごろはじっくり見る機会の無い職人たちの業をじっくりと堪能でき、市販価格よりもはるかに安い価格で購入することも出来ます。
開催場所:波佐見町井石郷(波佐見町)
開催月:5月
池下ペーロン大会
長崎では各地でペーロンのお祭りが開かれますが、諫早で開かれるペーロン祭りです。
開催場所:池下漁港港内(諫早市)
開催月:6月
早岐茶市
400年の長い歴史をもつ市です。元々は海の幸と山の幸を物々交換するところから始まったそうですが、新茶の季節なので茶市と名づけられたと言います。
開催場所:早岐地区海岸沿い(佐世保市)
開催月:6月

ページのトップへ

夏のイベント

長崎の夏のイベントといえば何は置いても【長崎みなとまつり】となります。
やはり港町長崎に似合い、多くの観光客もやってきて、それはもう大賑わいとなります。
長崎の夏には欠かせない夏の風物詩と言える存在です。

大瀬戸町ペーロン大会
長崎各地で開かれるペーロン大会ですが、大瀬戸町のペーロン大会です。7チームが競うレース以外にも、アトラクションとして行われている中学生・職域クラブ対抗ペーロンも見ものですよ。
開催場所:瀬戸港(西海市)
開催月:7月
長崎大島トライアスロン大会
トライアスロンとは、水泳・自転車・マラソンの3競技を合体させた別名「鉄人レース」と呼ばれる過酷な競技です。そんなトライアスロンでも大島のトライアスロンは有名なレースです。
開催場所:西海市大島町内全域(西海市)
開催月:7月
まつり雲仙
温泉街で有名な雲仙で行われるお祭りです。夜店が並び森ではコンサートが開かれ、避暑地ならではの涼しさとイベントが盛りだくさんです。
開催場所:雲仙温泉街一帯(小浜町)
開催月:7月
長崎みなとまつり
長崎の夏の風物詩、みなとまつりです。ベイサイドマーケットや花火大会など、長崎港を中心に長崎市が盛り上がるお祭りです。とくに長崎さるきと呼ばれるパレードは有名で、様々な山車が街を練り歩き、多くの人の目を楽しませてくれます。まさに長崎の夏には欠かせないイベントですね。
開催場所:長崎市内
開催月:7月~8月
星空コンサート
長崎県内のアマチュアバンドがいっせいに集まり、様々なジャンルの曲を聞かせてくれる音楽の祭典です。
開催場所:みずほすこやかランド(瑞穂町)
開催月:8月
中国盆会
全国から多くの華僑が集まり先祖の霊を慰める中国式の盆祭です。盆の最終日の夜になると美しい金山、銀山の飾りものが焼かれ、境内は大変な賑わいとなります。
開催場所:崇福寺(長崎市内)
開催月:8月
フリークライミング選手権
年々参加者が増加しているフリークライミングの選手権です。西日本最大の屋内型クライミングウォールを使って全国のクライマーたちが熱戦を繰り広げます。
開催場所:シーハットおおむらサブアリーナ(大村市)
開催月:9月
のんのこ諫早まつり
諫早市最大のお祭りで、諫早の夏の風物詩になっています。街踊り・パレード・のんのこ踊りコンテスト・ふるさと芸能の祭典等など市民総出で参加するお祭りです。
開催場所:市役所前芝生広場(諫早市)
開催月:9月
孔子祭[釈奠(せきてん)]
儒学の始祖、孔子の生誕(起源前551年)を祝う祭り。 中国山東省曲阜市の孔子本廟の協力、指導で祭礼を司る五十余人の祭官の式服、祭具を古式にのっとって盛装し、古式豊かな祭礼が再現されます。
開催場所:長崎孔子廟(長崎市)
開催月:9月の最終土曜日

ページのトップへ

秋のイベント

長崎県の秋のイベントといえば、日本3大祭りにも数えられる【長崎くんち】です。
くんちが開催される期間中は長崎県の人口は一気に増えると言うぐらいに
多くの観光客が訪れる長崎県最大のお祭りです。

サンドアートフェスティバル
「日本白砂青松100選」にも選定されている千々石海岸で行われるサンドアートの大会です。砂だけを使っているとは思えないほどに多彩で芸術的なアートが生み出されます。
開催場所:千々石海岸(千々石町)
開催月:10月
長崎くんち
360年の歴史を持つ、秋の長崎を代表する祭りです。諏訪神社の秋の大祭で、旧暦の9月9日に行ったことから、「くんち」と呼ばれるようになったといわれています。「長崎くんちの奉納踊」は、昭和54年に国の重要無形民族文化財に指定され、長崎県民だけでなく日本の代表的なお祭りにも数えられるイベントです。
開催期間中は長崎市内の人口が倍増すると言われるほどに賑わいになります。
開催場所:諏訪神社他(長崎市)
開催月:10月
おくんち
大地の恵みを祝う秋の収穫祭を兼ねた伝統行事です。
開催場所:三柱神社(佐々町)
開催月:10月
竹ん芸
若宮稲荷神社の秋の祭りで、男狐・女狐の面をつけた2人の若者が、高さ10mの2本の青竹の上でボリショイサーカスも真っ青な曲芸を披露します。
開催場所:若宮稲荷神社(長崎市)
開催月:10月
ハーレーフェスティバル
長崎のハーレーライダーが一堂に会する、ハーレーダビッドソンユーザーの祭典です。超大型バイクが堂々のコンボイを組みながら走る姿は勇壮です。
開催期間中は長崎市内の人口が倍増すると言われるほどに賑わいになります。
開催場所:水辺の森公園、松が枝国際観光埠頭(長崎市)
開催月:11月

ページのトップへ

冬のイベント

長崎の冬のイベントといえば、何はさておき【ランタンフェスティバル】で決まりです。
冬の透き通った空気の中、街を照らし出す色とりどりのランタン達は、
日ごろ雑多な町並みを幻想的なファンタジーへと変身させる不思議な力を持っています。

島原ファンタジア
島原城天守閣や桜並木を鮮やかな電球でイルミネーションツリーとして飾り立て、幻想的な演出でみなの目を楽しませてくれるイベントです。冬の空に恋人達の甘いひと時が演出されます。
開催場所:島原城周辺(島原市)
開催月:12月
チャーチウィークin五島(教会コンサート)
五島の協会を飾り立て、フルート、ピアノ、チェロ、ヴァイオリンなどの様々な楽器を利用した教会コンサートイベントです。地元信徒さんたちが飾りつけた五島のクリスマスは一味違います。
開催場所:大曽教会、 鯛ノ浦教会、中ノ浦教会、青砂ヶ浦教会(新上五島町)
開催月:12月
水仙まつり
百万球の日本水仙が12月~1月にかけて咲き乱れ、その姿はまさに花の草原となるイベントです。これだけの水仙が見られる場所も日本有数です。
開催場所:水仙の里公園(長崎市)
開催月:12月~1月
長崎ランタンフェスティバル
気づけば長崎の冬の風物詩、県内県外を問わず全国からも多くの観光客が訪れるイベントです。長崎中華街付近の町並みを、色とりどりのランタンが飾り立て、街はランタンの幻想的な光に包まれます。
15,000個のランタンが街を照らし出す光景は一度見たら忘れられませんよ。
開催期間中は長崎市内の人口が倍増すると言われるほどの賑わいになります。
開催場所:新地中華街、唐人屋敷、湊公園、浜市観光通り、中央公園、眼鏡橋、崇福寺、興福寺他(長崎市)
開催月:1月~2月
雲仙小浜ハーフマラソン大会
小浜雲仙で開かれる市民マラソン大会です。毎年多くの参加者が集い、長崎の市民マラソンとして定着しています。
開催場所:雲仙小浜公認マラソンコース(小浜町)
開催月:1月

ページのトップへ