豚角煮まんじゅう 特製肉まん 特製餃子 しゅうまい 長崎チャンポン・長崎皿うどん

豚角煮まんじゅう特製肉まん特製餃子しゅうまい
長崎ちゃんぽん長崎皿うどん

京華園のチャンポン

長崎ちゃんぽんといえば、ラーメン・そば・うどん・そうめんと並んで
日本を代表する麺類の一種です。
明治の初期に登場した長崎ちゃんぽんを、
全国のご家庭で気軽に楽しんで頂きたい…。

長崎といえばもちろん『長崎チャンポン』

特製肉まん せいろ

通常、麺類で新鮮なものはやはり生麺のゆでたて、とお考えでしょうか?
もちろんラーメンなどでは常識。パスタにいたっては伸びるまでのわずかな時間こそが美味しいとも言われています。

しかし長崎ちゃんぽんでは、茹で上がった麺を一度ざるに移し寝かせます。
わずかな時間ではありますが、これこそが美味しいちゃんぽんを作る秘密なのです。

特に京華園のちゃんぽんはそのような作り方をすることを前程に作成されましたので、やるとやらないとでは大違いです。
麺を一度寝かせて落ち着かせる。これによって京華園のちゃんぽんは本物になります。

京華園の長崎ちゃんぽん美味しさの秘密

  • 絶対不可欠、麺へのこだわり:京華園のちゃんぽん麺にはこだわりがあります。中華街で長年培われてきたノウハウをつぎ込んだ麺こそは最初の秘密です。
  • 選びに選び、考えに考えたスープ:通常、レトルトのスープなどの味付けには、スパイスを多く入れることで味そのものの濃さをごまかします。
    しかし京華園のスープは、味付けをスパイスなどでごまかさず、限界まで追求しました。
  • 作成工程へのこだわりと本場の味:レトルトとは言っても作り方にもポイントはあります。長崎ちゃんぽんは本場中華街の味を再現していますので作り方にもこだわっています。
  • 原材料:麺(小麦粉・かんすい・食塩・酒精・ソルビット・プロピレンス・グリコール・焼成カルシウム・クチナシ色素)・添付調味料(ポークエキス・醤油・ラード・食塩・チキンエキス・発酵調味料・香辛料・食用植物油脂・砂糖・チキン油・野菜エキス・調味料(アミノ酸等)・増粘剤(キサンタンガム)(原材料の一部に、小麦、乳、牛、さば、大豆を含む))
  • 内容量:(2人前/箱(麺120g・スープ60g)×2袋)
  • 保存方法:直射日光をさけて常温で保存して下さい。
  • 価格:860円
ショッピングサイトはこちらです!

ページのトップへ

京華園の長崎皿うどん

ご好評につき、一時販売を休止しております。

皿うどんには細麺と太麺の2種類があります。
細麺はパリパリとした食感を味わえる人気のメニュー。
太麺は柔らかめの麺と熱々アンとが絶妙な、これまた人気のメニューです。
長崎皿うどんはちゃんぽんと並んで人気のあるメニューです。

皿うどんといえばパリパリ歯ごたえの細麺が人気!

長崎皿うどん パリパリ麺

長崎ちゃんぽんと並んで人気の食べ物といえば『長崎皿うどん』です。

その歴史はちゃんぽんとほとんど同じ時代、つまり維新後すぐに登場したメニューです。

しかし全国的に見ると、堅焼きそば等に代表される料理との区別化がまだまだのようでもあります。

皿うどんに欠かせない調味料がソースです。
このソースの存在が、味も風味も全てを新鮮に感じさせるカギと言えます。
ここで間違っても普通のソースをかけることはお勧めできません。基本的に私たちが使用する通常のソースは甘口なのですが、皿うどんのアンは基本的には甘口。ですから普通のソースと合わせると限りなく甘くなっていきます。
京華園の特性ソースは醤油ソースと言われるように辛口! だからこそかけると絶妙な味のバランスが生まれます。

長崎皿うどん美味しさの秘密

  • それはパリパリ麺:ちゃんぽんと同じように皿うどんも麺料理ですので麺は命です。ちゃんぽんと同じく、『かんすい』を使用した京華園が厳選の中から厳選した麺を使用しています。
  • ソースこそ皿うどんの命:京華園の皿うどんには、通常では売っていない皿うどん特製ソースが入っています。この特選ソースが皿うどんの味をさらに引き立てます。
  • 熱々アンを生み出す魔法のスープ:麺がそろいソースが手に入れば、あとはアン用のスープ。このスープを利用して作る特製アンで皿うどんは完成へと近づきます。
  • 原材料:麺(小麦粉・かんすい・植物油)・添付調味料(砂糖・ブドウ糖果糖液糖・醤油・食塩・還元水飴・チキンエキス・酵母エキス・調味料〈アミノ酸等〉酸味料)・(原材料の一部に、小麦、魚介類、大豆、豚肉を含む)
  • 内容量:(2人前/箱 (麺100g・スープ50g)×2袋)
  • 保存方法:直射日光をさけて常温で保存して下さい。
  • 価格:860円

ご好評につき、一時販売を休止しております。

ショッピングサイトはこちらです!

ページのトップへ